11月2日(火)マリーンズ対ドラゴンズ(マリン)

まずはマリンで1勝です! 第3戦だけはライトスタンドのチケットを持っていたので、この日が最後の「外野応援」でしたが、素晴らしい試合になってよかったです。ヒーローインタビューとそのまま同じですが、この日は何と言っても俊介、そして清田の活躍が大きかったですね。 ↑清田は3点タイムリー、俊介は4安打完投で完勝です! 3回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月31日(日)マリーンズ対ドラゴンズ(ナゴヤドーム)

今季初の遠征でしたが。。。 残念ながら、「行っただけで終わった」という試合内容でした。。。(泣) 新幹線で一路名古屋に入り、1年ぶりのナゴヤドームへ。前日の第一戦の流れをそのまま生かし、連勝してマリンに帰りたかったのですが・・・そんなに甘くはありませんでした。 ↑地下街・地下鉄で移動している間に雨が降ってきてしまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先勝!!!

最高の形で1勝しました! 5年ぶりの日本シリーズでしたが、選手達は普段どおり、いや、普段以上の強い野球をしてくれました! まず、打のほうでは先制打の大松、同点弾の清田、今江・西岡のタイムリー、そして井口のホームラン!みんながいいところで効果的に打ってくれました。 守備では里崎がナイスプレー!あのダブルプレイで流れをグッ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

いざ、日本シリーズへ。

遅くなりました。 ↑接戦の続いたクライマックスシリーズでしたが、最後の最後は7-0の完勝! まあ、このブログらしいと言えばそれまでですが(苦笑)、第6戦の当日はビールかけを行なって大はしゃぎ、とりあえず携帯から短く更新した後、翌日は二日酔い。。。その後は軽く風邪気味の日々が続いていたため、ようやく今日更新する運びとなりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついにここまで来た!

最高の結末はもうすぐそこです! 会社を出た時は0-1とリードされていたけど、逆転を信じてマリンに向かいました。海浜幕張に着く直前にサブローの同点タイムリーが飛び出し、バスを待っている間には福浦の勝ち越しタイムリー!そしてバスがマリンに到着した頃、里崎が3点目を叩き出してくれました!スタンドで待つ仲間と、着くなりハイタッチ!実に爽快…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もう負けられない戦いが始まった。

3連勝しかない状況の中で頑張りました。 今日もPVに参戦。昨日(16日)は一人でしたが、今日は仲間と一緒。負けられない試合ということで、前日までのネット裏から移動し、応援団が目の前となる一塁側の席に陣取りました。 初回から流れはマリーンズでした。1回裏。足が厄介な二番・本多を歩かせてしまった俊介でしたが、執拗に牽制 を続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファイナルステージPV参戦中。

福岡には行けなかったmapはPV通いです。 ↑第1戦、成瀬完投で先勝も… ↑第2戦は和田に13三振を喫して完敗・・・ ↑そして第3戦、負けた気がしないですが・・・負けました。 3試合終わって、得点はホームランによる4点のみ。。。「西武ドームでのあの粘りは何だったのか」と思ってしまうほどに打線が機能せず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月10日(日)マリーンズ対ライオンズ(西武ドーム)

素晴らしいチームになってくれました(泣)。 内容云々よりも「勝てれば何でもいい」という試合でしたが、前日に続いて記憶にも残る素晴らしい試合になりました。チームスローガンの「和」を見事に実践してくれたマリーンズの選手達には、ただただ感謝するばかりです。 マーフィーと岸の先発で始まったこの試合、まずマーフィーが初回に早々と3失点…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

10月9日(土)マリーンズ対ライオンズ(西武ドーム)

素晴らしい舞台で、最高の試合をしてくれました! 何としても勝たなくてはいけないクライマックスシリーズの初戦。独特の雰囲気の中で始まった試合は、予想通り成瀬と涌井の投手戦でした。2回に成瀬が中村に完璧な一発を浴びるものの、その後は両者一歩も譲らずに迎えた8回表。試合が動き出しました(ただ、この時はまだ今日の結末は全く予想できませんで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ決戦。

シートを貼ってきました。 会社をフレックスであがって(笑)。既に到着していた仲間が早めに着いていたおかげで、予想よりはかなり前のほうにシートを貼ることが出来ました。「自力」ではないものの、これで決戦への準備は万端!です。 今日のシートの列は、明らかに一塁側の方が長く延びていました。map自身も含めてですが、マリーンズファンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月1日(金)マリーンズ対バファローズ(マリン)

歓喜から3日、ようやく投稿です。 というのも、試合後の金曜夜から土曜の夜まで仲間と飲みっ放し。日曜は丸一日ダウンしていたためです(苦笑)。それほど嬉しい、レギュラーシーズン最終戦でした。 ↑公式戦最後の花火も豪快でした。いつもは見えない位置ですが、こんなに見えました。 雨で奇跡的に期末日との重複を回避し、マリンへは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月29日(水)マリーンズ対バファローズ(マリン)

あと1つ! 最後の最後までヒヤヒヤな展開でしたが。。。 5回表に先制されるも、清田のタイムリーで追いついて1-1。6回には先頭の今江でヒットで出塁すると、続く福浦は迷わずバント。その時mapは、「このバントは不振にあえぐ金泰均への無言のゲキだ」と感じました。すると、金泰均はその期待に見事に応え、センターに弾き返す勝ち越しのタ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

9月28日(火)マリーンズ対イーグルス(マリン)

まずは1つ! ファイターズの結果も気になっていましたが、結果がどうあれ、マリーンズは勝ち進むしかないので、書き出しは「まずは1つ」にしました。 月末間近だったので(何でこんな大事な試合がこんな日程なのか・・・これだけは何とかして欲しかったです:泣)、マリン到着時は5回が終了したところでした。既に4-2とリードを取っていました…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あと3試合。

ホークスが優勝を決めました。 そんな日に、我らがマリーンズは痛すぎるサヨナラ負け。。。仙台・福岡・大阪と続いた遠征に1つも参戦できず、全て自宅でのTV観戦だったmapは、今日だけは仲間の誘いでマリーンズバーへ。遠征の労をねぎらいながら勝敗の行方を見守っていたのですが、延長に突入した試合は後藤の一発であっけなく終わってしまいました。…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

9月16日(木)マリーンズ対ホークス(マリン)

途中で雨が降りましたが、試合は快勝でした! この日は使っていなかったファンクラブの指定席引換券での参戦でした。観戦仲間からは「この大一番になぜ内野?」と叱られましたけど(苦笑)、ヤマ場はまだまだ先にあると読んでのタダ券消化です。 いつになく早く仕事が終わり、マリン到着は1回裏途中。でしたが、入場直前に西岡が先頭打者ホームラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月15日(水)マリーンズ対ホークス(マリン)

昨日の喜びから一転。。。 今日は一体なんだったんでしょう・・・ いつもよりかなり早めに会社を出て、マリンに到着したのは1回裏終了のタイミング。しかし、スタンドに上がってみると、スコアボードには「5」の文字が。mapは普段、マリンに着くまでの間は試合経過を確認せずに行くので「え゛」という感じでした。 訳の分からないまま観戦が始…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

9月14日(火)マリーンズ対ホークス(マリン)

久しぶりの勝利の味! 勝ち方はともかくとして、今日は勝つことに意味があったわけですから、もう何でもいいです(笑)。3-0で楽勝モードと思いきや、マーフィーが多村に同点3ランを浴びて同点。その直後に井口のタイムリーで勝ち越しに成功するものの、9回二死三塁からまさかのワイルドピッチでまた同点。こんなバタバタした試合は、最後もバタバタ。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

9月12日(日)マリーンズ対ライオンズ(西武ドーム)

さすがに今日は力尽きました。 ↑4回裏の、重い重い4点。高山に満塁弾を浴びたところで、緊張感の糸が一気に切れていきました。 ペンが初回から4失点と崩れて2回で早々と降板すると、試合を立て直そうと3回から先発経験豊富な晋吾がマウンドに上がりましたが、すぐさま追加点を献上し、そして被弾。ここまで何度となく好投を見せてくれてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

9月11日(土)マリーンズ対ライオンズ(西武ドーム)

勝てない・・・悔しい・・・ 今日も負けてしまいました。西岡が涌井に先制パンチのスリーベースのあと、井口のタイムリーで早速先制し、いい感じに進められるかと思ったのですが。。。吉見が踏ん張りきれず、序盤で高山に2度もやられて早々に逆転を許してしまいました。その後は薮田・古谷・伊藤が何とか踏ん張っていましたが、その間打線は援護できず。最…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more