海幕269 plus!

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月26日(月)大学日本代表壮行試合(東京ドーム)

<<   作成日時 : 2010/08/07 01:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

書き忘れてましたが、観戦報告です。

ペナントレース後半戦再開の前日、東京ドームでの壮行試合に行ってきました。まあ、オールスターで間隔が空いたので「目慣らし」の意味合いが強かったですが、NPB側にもウエスタンリーグの若手が出ていたし、チームというより「個人」に注目した試合でした。

画像

↑先攻でビジター用とは言え、こうやって並ぶとNPBはかなり派手なユニです。

まずはNPB。やはりマリーンズの選手には注目してしまいます。この試合に出場していたのは植松と翔太の2人だけでしたが、なかなか良かったと思います。植松は5番手として6回に登板。伊志嶺(東海大)にヒットを許しますが、盗塁失敗で3人で切り抜けました。こういう試合ではあまり関係ないですが、めぐり合わせもよく勝利投手に。この幸運?を、後半戦へのきっかけにして欲しいです。

画像

↑左腕が手薄なので、後半戦もしかしたら一軍昇格もあるかも、と期待してしまいます。

そして翔太。8回に代打で登場すると、レフト線にヒット。野手がもたつく間に二塁を陥れるなど、いい動きを魅せてくれました。

画像

↑夏にもなると、だいぶ身体もしっかりしてきましたね。

画像

↑今はしっかり経験を積んで、今江を脅かす存在になってくれればと思います。

他球団で注目していたのは、直前のフレッシュ球宴でも一発を放った、カープの堂林でした。昨年の今頃は甲子園の優勝投手だったわけですが、一年経つと変わるものです。すっかり長距離砲の風格たっぷりです。

画像

↑この日は途中出場で2打数ノーヒット。彼もしっかりファームで鍛えられてからの昇格になるでしょう。

大学勢のほうは、エラーがらみで0−4の完敗だったこともあり、あまりいいところがありませんでしたが、投手陣には明るい材料がありました。先発した藤岡(東洋大)は、プロ相手に5回を1安打無失点。三振も6つ奪う力投でした。そして4番手で登板の菅野(東海大)は圧巻でした。1回を三者凡退、2奪三振でしたが、MAX154km/hのストレートには、NPB選手(堂林と翔太でしたが)もタジタジでした。

画像

↑躍動感あふれるピッチングには興奮しました。原監督の甥っ子だということで、マリーンズ入りの可能性は低い
  かな?


画像

↑ということで、なかなかいいものが観られた一日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7月26日(月)大学日本代表壮行試合(東京ドーム) 海幕269 plus!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる