海幕269 plus!

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月30日(金)マリーンズ対ホークス(マリン)

<<   作成日時 : 2010/07/31 03:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

完敗だったのか・・・それとも・・・

つけ入るスキがあったのか。。。6回裏からの観戦となったmapには、序盤の細かい試合内容まではわからないのですが、先に来ていた仲間の話によると、「金泰均のブレーキが全てだった」。5回の一死満塁のチャンスでゲッツーに倒れたことが一番大きかったとのことでした。確かに、ホークス戦については、6回までにある程度のリードを奪っておかないと、リリーフ陣が強力ですから、ターニングポイントだったことは間違いないですね。

ただ、mapが観たシーンの中から決定的なシーンを挙げるとするならば・・・9回表の一死三塁の場面です。先頭の城所に右中間のスリーベースを許したあと、続く小久保を力でファーストフライに打ち取ったところまでは良かったのですが。。。多村を迎えたところで敬遠という選択もアリだったかな、と思います。次打者は松中の代走でDHに入っていた福田でしたが、既にネクストではペタジー二がスタンバイしていました。0−1というスコアで9回まで来て、「成瀬と心中」という覚悟だったのだろうと思いますが、ならばなおさら、あの場面は三塁ランナーにだけこだわって欲しかったです。多村もペタジー二も犠牲フライなら簡単に打てるバッターですが、一、三塁ならゲッツーという選択肢も広がっただけに、観ていただけのmapですら悔いが残るシーンでした。

画像

↑月末で遅い到着となることがある程度予測できたので、今日は初めから内野観戦の予定でした。

画像

↑7回には、まだ同点・逆転にできるチャンスは少し残っていたのですが。。。

画像

↑3回の失点もエラーがらみだったとのことで、残念さがますます湧き上がります。。。
 (試合終了後、シート貼り抽選のために外野に移動しました)


珍しく、完全な「結果論」で感想を書いてしまいました。。。しかも普段はあまり触れたくないベンチワークにも踏み込む内容です。普段はこんなことは書かないのですが・・・大事な試合で成瀬が頑張っていただけに、どうしても勝たせたかった、ということ勘弁してください。m(_ _)m

明日は切り替えて頑張ります!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7月30日(金)マリーンズ対ホークス(マリン) 海幕269 plus!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる