海幕269 plus!

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月14日(金)仙台遠征・往路。

<<   作成日時 : 2009/08/18 02:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今回の移動では「青春18きっぷ」を使いました。

あくまでもメインはマリーンズ戦への参戦なので、基本的には道中で余計な観光はしませんが、まあ、景色を楽しんだり、駅弁に舌鼓を打ったりと、7〜8時間あれば何かしらネタはあります(笑)。

自宅を8時に出発し、まずは常磐線に乗車。最初の移動先は茨城県・水戸です。

画像

↑千葉の隣県とは言え、水戸到着は11:30。既に昼です。。。

次の電車への乗り換えの前に駅弁でも買おうと思い売店へ。水戸と言えば水戸黄門、黄門様と言えば印籠、ということで「きっと『印籠弁当』なんてのが売ってるんだろうなぁ」なんて考えていたら・・・ホントに売っていました(笑)。結局、自分の腹の減り具合を考えて「印籠弁当」は買わずに「偕楽弁当」(まあ、幕の内ですね)を購入したのですが、今思えば平凡すぎたので、やっばり「印籠弁当」にしておけばよかったかな、とちょっとだけ後悔してます。

画像

↑しかも中身の写真を撮り忘れて食べてしまいました。。。次回の水戸訪問時にはリベンジです。

水戸での乗り換え時間は12分。すぐに次の目的地・福島県のいわきまで行く電車で移動です。雰囲気もローカル線風になるのかな、と思っていたのですが、実際には結構新しい感じの電車でした。

画像

↑こんな電車です。車内も長いイスだったので、弁当を食べる時はちょっと恥ずかしかったです。

画像

↑いわきまでの途中に、こんな駅も通り過ぎました。ちなみにマリーンズとは関係ないです。

水戸から約1時間半でいわきに到着。更にいわきからは約1時間20分かけて同じく福島県の原ノ町まで移動しました。この電車もまたまた長イス。でしたが、周りの景色だけは確実にローカルな雰囲気に変わっていきました。
画像

↑信号待ちをしている途中駅にて。真夏のローカル線、雰囲気いいですよね。

画像

↑そして原ノ町に到着。7月には「相馬野馬追(のまおい)」が行なわれることで有名なんだそうです。

画像

↑ここからはいよいよ仙台行に乗車。待望?のボックス席の列車で、ようやく本格的な旅気分です!

ラストスパートも約1時間20分の乗車。少し西に傾き始めた太陽がまぶしい中、仙台を目指します。と、途中駅で面白い駅が。駅のホームと「城」とが直結していました。

画像

↑亘理(わたり)駅にて。よく見たら、町立の図書館&郷土資料館でした。でも、なかなか珍しいですよね。

そんなこんなで、16時13分、ようやく仙台駅に到着しました。長旅でしたが、基本は「座っているだけ」なので疲れはさほど感じませんでした。さて、ここからが本番です。ということで地下ホームに移動し、Kスタ宮城の最寄り駅である宮城野原駅へと急いだmapなのでした。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月14日(金)仙台遠征・往路。 海幕269 plus!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる