海幕269 plus!

アクセスカウンタ

zoom RSS WBCのちょっといい話。

<<   作成日時 : 2009/03/31 00:18   >>

トラックバック 0 / コメント 4

侍ジャパンは、心意気までが「侍」でした。

会社の歓送迎会が終わって帰宅しテレビをつけると、某ニュース番組でWBCの特集でイチローがインタビューを受けていました。「天才」「神」と呼ばれているイチローですが、今回のWBCでは途中で大不振にあえいでいました。東京での第1ステージから、サンディエゴでの第2ステージまでの間、実に17打席ノーヒット。。。中でも、敗者復活となったキューバ戦のバント失敗の時が、本人曰く精神的にも最悪の状態だったというのは皆さんご承知の通りです。

しかし・・・そんな侍ジャパンのチームリーダーであるイチローを支えたもの。。。それはチームメイトの無言のゲキだったそうです。ある日の試合前の練習。亀井・内川・片岡らが、ストッキングを「イチロー仕様」(=上まで上げる)にしてグラウンドに出てきたそうです。それを見た他の野手も、次々と追随。残念ながら、その仲間の心意気をイチローが知ったのは優勝した後だったそうですが、後から聞かされたイチローは痛く感動したそうです。

イチローに伝わったのがたとえ後からだったとしても、落ち込んでいる偉大な先輩を見て、若手がみんなで盛り上げようとする姿勢。。。勝負の世界で、あまり精神論に走るのはよくないのかも知れないですが、これこそが世界一となった真の原動力だったように思います。突出した選手が一人いたとしても勝てるとは限らない、「野球というスポーツ=チームワーク」であることを改めて感じた「いい話」でした(酔って帰って来たからかも知れませんが、mapは思わず涙してしまいました)

たかが野球、されど野球。野球バカとしては、こういうインサイドストーリーで得られる感動も魅力の一つでもあるわけですが、今年のNPBのスローガンも、そんなmapの心を言い当てているような気がしています。

以下、スローガンからの抜粋です。

 これまでも、これからも脈々と、永遠に続く野球の持つ力とは何なのか。野球の魅力とは
 何なのか。
 選手は、多くのファンの期待を背に、勝利を求めて全力でプレーをする。スタンドからは選手へ
 熱い視線が注がれ、集まったファンはプレーに、記録に、喜び、叫び、怒り、感じ、語り合う。
 (中略)
 ひと言では表現することは難しいかもしれない。その瞬間に変わることだってある。だが、今の
 あなたが感じるままの言葉を投げ込んでほしい。その思いを、重みを、我々、すべてのプロ野
 球人が受け止め、球界の将来に必ず生かすことを約束します。
 この機会に、あなたの「野球」、見つけてください。改めて問います。

 あなたにとって、「野球とは、」。


・・・そして、親愛なる読者の皆様にとって、「野球とは、」。 
開幕を目前に控えた今、ぜひ聞かせて下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはよ〜ござ〜ますっ!
私にとっての『野球』とは、やはり…
《ロッテ球団》
ですかね。
プロ野球を見るきっかけになったチームですし、飽きっぽい私が、長年ファンを続けているのですから。
というわけで、ロッテファンになって32シーズン目が始まります。
ぐっつぁん(▼▼)y-.。o○
2009/03/31 07:35
ぐっつぁん、こんばんは。
そうですね。私も「野球」と言われればマリーンズは外せませんし。好きなチームとともに歩む。いいですねぇ。。。私は11シーズン目に突入です。
map
2009/04/01 00:01
私にとって野球とは「人生の宝物」です。

一つのスポーツを通じてたくさんの仲間と出会えたこと、これは本当に最高の宝物だと思っています。

野球が好きじゃなかったら、ロッテが好きじゃなかったら、今の私はありませんから(^^)v
ひろき
2009/04/03 00:06
ひろきさん、おはようございます。
まさにそうですね。私の場合、宝物を通り越して「人生そのもの」に近い気がしますが(笑)。
さて…いよいよですね!今年も最後まで頑張っていきましょう!
map
2009/04/03 07:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
WBCのちょっといい話。 海幕269 plus!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる